医療保険を検討している間に、先進医療について調べてみる事にした。

最近の医療保険やがん保険では、先進医療について売り込むケースが非常に多い。

ところで先進医療ってなんだ?

保険料としては月々100円前後で付帯出来る特約なのだが、本当に必要なのだろうか。

そこで先進医療について調べてみた。

まず先進医療と言うのは、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた治療のことで、健康保険等の適用が検討されている技術の事を指す。

ただし、この先進医療の治療は厚生労働大臣が定める医療施設で行われる場合に限り、先進医療にかかる費用は全額自己負担となる。

との事だった。

わかりやすく説明すると、がん治療を中心に最新の医療を受ける事が出来る、と言っても良いだろう。

今後もこの先進医療は進化していくだろうし、どんどん適用される病気も増えてくるとの事。

問題は高額な治療費を実費で支払わないといけないという部分。

これを医療保険やがん保険で支払いをしてくれる、という事なので僕としては付帯した方が良いかな、と正直に思った。

最近では外科でも受ける事が出来るようで、以下のような治療にも適用される。

・悪性高熱症診断法(スキンドファイバー法)
・歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法
・多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術

今後もどんどん先進医療は進化をするだろうから、ここはしっかりと検討をしたいと思った。